Monthly Archives: 3月 2022

シークワーサーが収穫時期で利用法が変わる(驚)

シークワーサーって収穫時期によって利用法が割るのをご存知ですか?

8月~10月ごろの収穫ではさわやかな酸味の青切りシークワーサーの時期です。
野菜サラダのドレッシングに理用意したり焼き魚にかけたり、お刺身にかけたりといわゆる風味ある酸っぱ苦いシークワーサーに最適な収穫時期です。

10月~12月ごろに収穫するシークワーサーはいわゆるジュースの原料に適した収穫時期になります。
さらにこれを過ぎての12月~2月ごろのシークワーサーはいわゆるオレンジ色に皮が色づき果実もかなり甘みが増します。
これらはそのまま食べることができます。

ここでしておいて欲しうマメ知識は、シークワーサーの効果です。
シークワーサーの特筆すべき成分委
・ビタミンC
・ビタミンB1
・カロテン
・各種ミネラル
等があります。
これらは身体の意新陳代謝を促し、疲労回復に油工です。

この中でも青切りの時期のシークワーサーにはクエン酸が豊富に含まれています。
これにはカルシウムの同時摂取時に効果を高めてくれます。
ですので、焼き魚にかけるのはすごく相乗効果がある食べ方でもあります。
クエン酸はその名のとおり酸っぱい酸味成分ですので、レモンなどと同じ効果が期待できます。
さらに加齢とともに胃酸の分泌も少なくなってくるので、それを補てくれる働きもあります。

さらにシークワーサーの成分で最近注目されているのが「ノビレチン」というものです。
このシークワーサーに含まれている「ノビレチン」は他の柑橘類の2~12倍も含まれてます。
特に最近皮のまま果汁を絞り出す青切りシークワーサーが人気なのは、この皮の部分胃ノビレチンが多く複案れているからです。
ノビレチン委は
・発がん作用の抑制
・慢性リュウマチの予防や治療
に効果があるとされています。
ですからシークワーサーの果樹を利用する際にはぜひ皮ごと果汁を絞り出す青切りシークワーサーがおすすめです。
現にシークワーサーの一大産地である沖縄県の大宜見村は日本でも有数の長寿の村として有名です。
シークワーサー 原液 おすすめ