Monthly Archives: 5月 2022

昔と今の老人ホーム

昔の老人ホームは
・寝たきり
・トイレもいけない
・ご飯も流動食系
・意識が薄い
・認知症重度

などこんな感じのいわゆる家で看てきたけどどうしても無理で最後の最後に老人ホームに預けるという選択だったと思う。私の幼少期にも祖母の介護をする母を見てきた。我が家は祖母の認知症(昔はアルツハイマー病)と言われていたけど。祖父が癌を患って自宅療養をしていた。母は一人で2人を見ながら子供の世話と父の世話をしていた。父は昔の人で介護や子育てに関与する人ではなかったので母は一人でいつもバタバタしていた。
祖母のおむつを替えたり認知症なので徘徊しない様にいつも見張りながら祖父の世話をして一瞬の間に私たちのご飯の準備などをして幼いながらにも手品師になれるのではないかといつも思っていた。
子供ながらにどうして一人で介護をしているのかはわからなかったけどそれが結婚してゆくゆくの役目なんだと自然に思っていた。
そうすると祖母が亡くなり。祖父も他界すると母は楽になるけど今度母が介護が必要になったら誰が見るの?とふと疑問に思った。私は女2人姉妹で結婚すると外に出て旦那さんの方の家庭に入ることになる。そうすると母と父は誰が看るの?と思い妹に話をしてみた。
妹は楽観的でその時に考えたらいいじゃない?との意見だった。まあ早くから考えてもどうなるかわからない事も確かだしと私もそれ以来忘れていた。
私も妹も大学進学し県外に出ていた。父も定年を迎え夫婦2人でのんびりやっているのかと思っていた。ある日大学が夏休みになるので妹と合わせて帰省したら驚くことになっていた。
父と母は家庭内別居で何カ月もまともに会話すらしていないんだそう。ご飯は母が作るけど別々の部屋で食べ父は自分の食器を洗うのだそう。父にしては進歩だけど母の変わりように違和感を覚えた。祖父や祖母の介護をしている時はニコニコして父とも少ない時間の中でも会話のしていたし私たちの前でも元気でニコニコしている母だった。今は笑顔もなく表情自体薄いように思う。
これが老いなのか母にも介護が必要になってきたのかこれらか検査をしていき本格的に家族での話し合いが必要になってきたのは明らかだ。きらケア 求人

銀イオンはわきがのニオイの原因菌をピンポイントで死滅させる

銀イオンが体臭
とくに汗から発生するワキガ臭にも効果があるのはご存知だと思います。
この銀イオンスプレー
正確には銀含有ゼオライトのパウダースプレーは24時間経っても殺菌効果が衰えないすごい代物なんです。
このゼオライトというものはスポンジ状の空間の多い構造になっています。
この空間い銀イオンのような陽イオンをまるで磁石のようにカチッとはめ込んでいるのです。
一度取り込んだ陽イオンの電荷を変えずに保持でき、それを銀イオンのゆりかごともいわれています。

義に温はAg-とよばれ、文字通りプラスの電荷です。
それとは逆に皮膚にある常在菌はマイナスイオンの性質を持っています。
ゼオライトの中に潜んだ銀イオンは、菌がそばに近づくとその菌にピタッとくっつきます。
銀イオンは+、常在菌は-
一度くっつくと離れません。、
それで金の細胞膜が破壊されて殺菌されるという仕組みです。

今までのデオドランド商品にも殺菌成分は配合されていましたが、銀含有ゼオライトほどの高い効果はありませんでした。
ですのでわきが種をごまかすために余分な香料を加えていたのです。
最初の殺菌効果が衰えてきた時にその香りでごまかしていたんですね。
しかし、銀イオンは無臭なのでそのあたりを気にせずに使えるようになりました。

さらに最近では殺菌効果に加えて制汗効果や汗や皮脂のきゅちゃく効果、肌に均一にフィットする密着効果
どんどん進化もしています。
ただし、この銀イオンスプレーの効果があるのは汗が菌で分解されることで発生するニオイに限定されてきます。
汗臭さやワキガ臭、足のニオイなおです。
同じ体臭でも加齢臭は少し発生するメカニズムが異なるのであまり高い効果は見込めないことがあることにも注意しておいてください。
同じ体臭でも「ワキガ臭」と「加齢臭」が異なるいニオイなんです。
体臭でもケース別に使う対策は変わってきます。
そのあたりは日ごろから気を付けてください。
アソこの匂い 消す方法 市販

介護ビジネスでデイサービスは果たして儲かる事業なのか?

介護業界には様々な企業が参入してきていてすでに過当競争の様相も否めません。
その中で「デイサービス」は特に増加傾向にあります。
それには
・参入障壁が低い
・価格競争がない
・料金瘀未払いリスクがない
・創業融資が受けた水
ことが挙げられます。

①参入障壁が低い
行政から許可を受けて行う事業の多くは「財務に関する規制」があることが多いです。
例:自己資金500万円以上を有することなど

しかしデイサービス事業ではこのような規制はありません。
もちろん介護事業を開始・采井していくにあたっては一定額のj木興資金は必要になります。
しかし、この自己資金瘀大ぴ少ないによって開業が法的に制限されるものでhないのです。

ですので介護ビジネスでデイサービスを開業するにあたって参入障壁は低いと言えます。

②価格競争がない
介護報酬はこと細かく行政側で設定され決められています。
ですから介護保険上では「通所介護」を提供する事業者であれば銅市の介護報酬になります。
※地域により介護蕉風規定は異なる

ですので、同じサービスでデイサービス間での価格競争はありません。

③料金の未払いリスクがない
介護報酬は原則的に提供したサービス付きの翌々月には支払われます。
こういった後払いビジネスではサービス提供の対価としての料金のとりっぱぐれは珍しくありません。
しかし、デイサービスの収入の9割は介護保険から賄われます。
つまりとりっぱぐれのりすくは1割だけなのです。
デイサービスは価格競争もなく、料金の未払いリスクもない極めて安定的に行える介護ビジネスでもあるのです。

④創業融資gはうえきゃすい

デイサービスは介護事業なので社会的な使命が高い事業でもあります。
ですんどえデイサービスなどの介護ビジネスは新規に立ち上げる場合の操業予定業種に金融機関から融資が受けやすい業種でもあります。
もちろん個別的なケースにもよりますが、他の事業から比べるとすごく創業融資も受けやすいと言えます。
介護職 やってられない