介護ビジネスでデイサービスは果たして儲かる事業なのか?

介護業界には様々な企業が参入してきていてすでに過当競争の様相も否めません。
その中で「デイサービス」は特に増加傾向にあります。
それには
・参入障壁が低い
・価格競争がない
・料金瘀未払いリスクがない
・創業融資が受けた水
ことが挙げられます。

①参入障壁が低い
行政から許可を受けて行う事業の多くは「財務に関する規制」があることが多いです。
例:自己資金500万円以上を有することなど

しかしデイサービス事業ではこのような規制はありません。
もちろん介護事業を開始・采井していくにあたっては一定額のj木興資金は必要になります。
しかし、この自己資金瘀大ぴ少ないによって開業が法的に制限されるものでhないのです。

ですので介護ビジネスでデイサービスを開業するにあたって参入障壁は低いと言えます。

②価格競争がない
介護報酬はこと細かく行政側で設定され決められています。
ですから介護保険上では「通所介護」を提供する事業者であれば銅市の介護報酬になります。
※地域により介護蕉風規定は異なる

ですので、同じサービスでデイサービス間での価格競争はありません。

③料金の未払いリスクがない
介護報酬は原則的に提供したサービス付きの翌々月には支払われます。
こういった後払いビジネスではサービス提供の対価としての料金のとりっぱぐれは珍しくありません。
しかし、デイサービスの収入の9割は介護保険から賄われます。
つまりとりっぱぐれのりすくは1割だけなのです。
デイサービスは価格競争もなく、料金の未払いリスクもない極めて安定的に行える介護ビジネスでもあるのです。

④創業融資gはうえきゃすい

デイサービスは介護事業なので社会的な使命が高い事業でもあります。
ですんどえデイサービスなどの介護ビジネスは新規に立ち上げる場合の操業予定業種に金融機関から融資が受けやすい業種でもあります。
もちろん個別的なケースにもよりますが、他の事業から比べるとすごく創業融資も受けやすいと言えます。
介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です