美しいサイン署名のコツ|漢字を□、〇、△に当てはめて書く

美しく自分の名前をサイン署名するには、自分の名前の漢字を□、〇、△をイメージしながらかくと意外と美しく書けます。
おおざっぱなイメージで構いません。
感じの奥はこの□、〇△なのです。
同じ形同士の字には、綺麗に美しく書くコツは同じなのです。

字の輪郭に細か点にはあまりこだわらなくて構いません。
ひとつの感じを少し遠くから目を細めてみてみてください。
なんとなくおおざっぱですが、□や〇や△に見てきませんか?
ほとんどの字は
正方形、
長方形(横長)
長方形家(縦長)、
丸、
三角形
逆三角形
に分類できるのです。

国や田は四角形です、。
揉んも四角形です。
桜、赤、谷、安、幸などは上下が小さく中央部が広い
なんとなく丸型といえます。
月、目、自んmなどは縦長の長方形
心、工、皿、四は横長の長方形
友、分、山、上などは三角形
下、布、市は逆三角形です。

しかし、なかなか外角のイメージがわかない字もあります。
そんな場合は基本的に正方形の□で考えましょう。
うtr根に目にしている勝次
例えば新聞や雑誌
これらは正方形のマスの中にきれいに収まっているから読みやすく感じるのです。

小学資絵の頃感じの練習にマスの中に書いていませんでしたか?
しかしこれが大人になって白紙の何もない紙に自分お名前を書くことが多くなってくると、みなさんそのバランスが崩れてくるのです。
自分お名前をサイン署名する時に、資格のマスがあるという漢字で書いてみてください。
意外と今までより読みやすく綺麗な漢字で書けていると思います。
縦書き
横書き
常にますがあると考えて書けば歪んだりもしません。
でも、正方形のマス目の中にバランスよく自分お名前の漢字を書くというのは簡単ではないンドエス。

もし自分の名前のサイン署名が経たdふぇh手でしょうがない・・・
そう感じる方は子供用のん漢字ドリルで練習してみてください。
最初は正方形のマス目の中に綺麗に自分の名前の漢字を収めてに書くのがこんなに難しいことに驚かれると思います。
お礼状 手書き パソコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です